Batik in Yogyakarta

56日目:

早朝の便でバリを出発し、ジョグジャカルタへ。

IMG_5887

ジョクジャカルタの空港から、公共のバスに乗り、ホテル近くまで向かう。

IMG_5888IMG_5889IMG_5891IMG_5893

バスに乗ると、観光客は私達しかおらず、女性のほとんどがベールを被っていたのが印象的。インドネシアの宗教は全体では、イスラム教が多いが、バリだけは、ヒンドゥー教が多い。なので、バリでは豚の丸焼きなど、豚料理があるレストランが多い。

ホテル近くでバスを降り、ホテルへ向かう。まだチェックインの時間よりも早かったが、数時間待って早めに部屋に案内してもらえた。

IMG_5894IMG_1566

部屋はなんとなく独特の匂いがあったが、ここのホテルは、なんと毎日アフタヌーンティーを出してくれる!お茶と一緒に何か一品だしてくれる。初日のこの日は、Tahu gorengという、天ぷらみたいな揚げた豆腐の中に人参やもやしが入っていた。周りがモチモチしていてとっても美味しかった!

IMG_1564IMG_1565

57日目:

お昼過ぎ、ホテルを出て、近くの旅行代理店で、ジャカルタ行きの電車のチケットを購入。(2人でRP640,000)

近くのレストランで食事を食べ、その後、レンタバイクを借りに行った。すごく久しぶりにスクーターに乗る彼は、エンジンをかける場所でまず悩む。私はとっても不安になって、「久しぶりすぎでちゃんと運転できるか分からないなら乗るの止めよう。」と言ったが、彼は「大丈夫だよ。乗ってみたい!」というので、とりあえず、走ってみる事に。

IMG_5904

走って数分後、もう降りたくなった。運転が怖い。。。とりあえず、ガソリンを入れにガソリンスタンドへ。彼の運転も怖いが、周りのバイクの運転も荒くて、信号もあまりないので怖い!折角借りたけど、すぐに戻り、バイクを返す事に。

歩いて、クラトン(王宮)まで行ってみると、王宮前の広場でおじさんに話しかけられました。「王宮は午前中しか見学できないよ。」と言われ、代わりにバティックのお店で作り方を見せてくれるから行ってみたら?とお店を案内されました。バティックとは、溶かしたロウで染めた布地で、インドネシア、マレーシアの特産品です。インドネシアのバティックは、ユネスコの世界無形文化遺産に認定されているらしいです。

IMG_5909IMG_5910

特に、欲しかったわけではないのですが、折角だから見てみようと思い、人力車に乗ってお店に向かいました。

IMG_5912IMG_5914IMG_5915

お店には沢山のバティックの絵が並んでいて、奥ではバティックの説明をしていました。

IMG_5917IMG_5919IMG_5920IMG_5921

バティックは、シルク又は、コットンの上にロウを塗って色付けしています。

バティックの偽物は洗濯すると色落ちするそうです。本物のバティックは水をかけて洗っても色が落ちないそうです。それに、良いバティックは、表面だけでなく、裏面も同様にロウで色を付けるそうです。見ての通り、すべてが手作業。

IMG_5925

バティックは、光に当てると、更に綺麗に見えるそうです。

しかし、ずっと置いておくと色やけしてしまうのではないでしょうか。。。聞いていないので分かりませんが。何点もの作品を見て、私が気に入った絵がこれ。

IMG_5926

絵にはあんまり興味ないんですが、なんかこの色合いがとっても気に入りました。お店の人に聞いてみると、なんとこの画家は、Harry Agungという人で、バティックでは有名な人らしく、インドネシアにいる数少ないマイスターの一人だとか。

「画家なんですか。お目が高いですね!ここにある作品は、バティックを習っている学生が書いたものや、プロが書いたものも沢山あるのに、マイスターの作品を選ぶなんて。」と言われてちょっと嬉しくなった。

このお店では、しつこく販売を迫る事もなく、買いたいものがあったら声をかけてくださいと控えめだったので嘘ではなさそう。もちろん来て、買わない人も何人か見た。

絵を買うなんて一度もなかったけど、なんかこの絵に惹かれ欲しくなった。値段をとりあえず聞いてみると日本円にして約5万!

約2m近くあるこの絵だし、数少ないマスターが書いた絵だから。と言われたけど、さすがにまだまだ旅を続けるので5万円は高すぎる。絵にそうな高額を出す程、ファンでもないし。。。ものすごく悩んだけど、さすがに1万円にはしてくれなくて、買うのを断念。その代わり、同じ人の作品をいくつか見せてもらう事に。

IMG_5927IMG_5928

魚の小さい絵も綺麗だったけど、欲しくならず、右上に並べた3枚の女の子の絵が気に入った。すべてシルクです。

もちろん一番左の女の子一人が横たわっている大きい絵が欲しかったけど、高額な為、一番右の一番小さいサイズにする事に。それでも値引き交渉して約1万円。もう少し安くし欲しいと一応、言って見たが、売っていた人はこの画家の奥さん。旦那さんが、とても時間をかけて作った作品をそう安くしたくないと言われ、これ以上安くして売れないし、売りたくない。と言われた。気に入ったので、約1万円で購入した。初めての絵の購入。

IMG_5930IMG_5929

お店を後にして、メインストリート(Mario Boro)へ向かいました。

通りには、露店がずらっと並んでいました。ショッピングモールを見つけて中に入ると、意外と広い。中にはカラオケボックスも発見。夜ご飯は、モールで見つけた安いチキンとステーキ。

IMG_5938IMG_5937

IMG_5934IMG_5935

ホテルに戻ると、アフタヌーンの時間とっくに過ぎてるのに出してくれた!お茶と一緒に出てきたのはこれ!名前は不明ですが、どうやら豆らしい。もちっとした食感があって、もち米と混ぜてるのかな。タレは甘かった。

IMG_5939

Posted on by Nao in Naoko's Blog

Add a Comment