Indonesian cooking lesson in Ubud

43日目:

この日は、料理教室へ。

料理教室はいくつかありましたが、Trip Advisorで検索し、「Tours in Ubud」のランキングで2位にあるPaon Bali cooking schoolに参加しました。(料理教室としては1位)

クラスは、朝と夕方の2回あります。朝のクラスは、まず初めにウブドマーケットに寄り、マーケットについての説明(果物、野菜、スパイスなど)をしてくれます。

事前にメールか電話にて予約を入れてください。ウブドエリアのホテルなら無料送迎を行ってくれます。

IMG_5519

私達は、朝のクラスに参加する事にしました。朝、ホテルに迎えが来て、まずはウブドマーケットへ。

マーケットでは、他の参加者(私たちを含み6人でした)と合流し、マーケットの食材を皆で見て回ります。

まずは、フルーツ。

緑色のフルーツはマンゴーです。下の写真右、一番手前左の茶色のフルーツは、サラックです。

IMG_5483IMG_5484

途中、果物の試食をさせてくれました。まずは、サラック。蛇の皮に似ている為、スネークスキンフルーツとも言われています。皮を剥くと中はにんにくの形で3-4つ入っています。

リンゴの様な歯ごたえがあり、バニラっぽいクリーミーな味で、少し酸味もありました。

一番右は、ランブータン。味はライチに似ています。

2011_12_22_2104IMG_5510IMG_5512

チャナン(神様へのお供え物)の作り方を習いました。

バナナの皮を使って四角形の形を作り、一番下にはポロサンと呼ばれる白樺の葉を必ずいれ、その上にお花(フルーツ、葉っぱなど、人によって様々だそう)を乗せてできあがり。バリでは、道端やお店の前などどこでも目にします。

IMG_5492IMG_5486IMG_5487IMG_5488IMG_5489IMG_5491

お供えする際に、お線香も刺して置いてあるのを道端でよく見かけました。毎朝、お供えをするそうです。

このマーケットでもお店の人が朝、お供えをしていました。

IMG_5518

香辛料の説明

IMG_5494IMG_5495

お米(白米、黒米など)、バナナの葉などを売るお店や、卵を売っているお店へ。

卵は右上から時計回りに、アヒルの卵、生卵、ゆで卵(卵にハンコが押してある)、違う種類の生卵

IMG_5500IMG_5497

野菜売り場

茄子が長い。隣には白い茄子も!

IMG_5507IMG_5508

お肉売り場

さすがにここで買う勇気はありませんでした。

IMG_5506

食品のマーケットは朝だけです。

IMG_5505IMG_5501IMG_5502IMG_5504IMG_5515IMG_5517

マーケットを見た後は車で移動し、田んぼへ移動します。ここでは、料理教室の旦那さんが、お米ができるまでの説明をしてくれました。アジア人にとっては見た事ある光景ですが、アジア人ではない国の人にとっては、初めて見るという人も。ちなみに、稲を植える作業は機械ではなく手作業!働く人は、女性で、男性よりも腰が強いそうです。とてもキツイ労働だそうで、日給500円ぐらい、インドネシアでは高額日給だそうです。

IMG_5520IMG_5521IMG_5522

説明が終わると、料理教室の会場である先生の家へ行きます。まずはウェルカムドリンクをもらって、先生の家族の話や、インドネシアの伝統的な家の説明があります。

右下の写真の様に、中には方位を示す印が描かれています。これに沿って、部屋の場所が決まるそうです。

北: 寝室?

北東: 神様を祭る

東: リビングルーム(家族会議用の部屋)

南: 玄関

南西: キッチン

西: 動物を飼う場所(小屋)

部屋(場所)の高さも決まっている様で、下から、動物を飼う場所(地面)→部屋→神様となり、一段ずつ高くなっています。

IMG_5523IMG_5524

 

すべての説明が終わり、やっと料理開始です!

IMG_5526IMG_5527IMG_5528IMG_5529

本日のメニューは、

1. マッシュルームスープ(ピリ辛でしたが、ライムが効いていてとっても美味しい!)

2. 生のマグロとピーナッツソースと野菜を混ぜて、蒸したもの

3. チキンサテ(サテとは、日本で言う、焼き鳥)

4. ガドガド(野菜をピーナッツソースで和えたもの。インドネシアの伝統料理の一つです)

5. チキンカレー(ココナッツを使用。)

6. テンペイの炒め(テンペイは、ゆでた大豆を発行させて作ったものです。見た目はライスパフの様です。)

7. デザートはバナナ、ジャックフルーツをレモングラス、砂糖で味付けしたものをかたくり粉でとろみを付け、ココナッツと黒蜜で

全部で7品のフルコース!

IMG_5532IMG_5533IMG_5535

まずは、全員で材料を分担して指定された形に切り、よく使うピーナッツソースや、スパイスを昔ながらの手作業で調合したりします。

IMG_5543IMG_5544IMG_5547IMG_5548IMG_5551

まずはマッシュルームスープ。

IMG_5555IMG_5561IMG_5573

2.具材を手でこねて、バナナの葉の上に置き、楊枝で両端を留め、蒸し器に入れて、蒸します。これでできあがり。

IMG_5574IMG_5575IMG_5578IMG_5579IMG_5580IMG_5581

3.普通のサテは、チキンを切った日本で言う焼き鳥のようですが、今回はひき肉から作りました。

この作り方は、お祝いの時にしか作らないそうです。

IMG_5582IMG_5583IMG_5584

4. ソースさえ作ってしまえば、後は簡単。野菜を茹でて和えるだけ。

IMG_5587IMG_5588

二種類作りました。ソースは両方とも同じピーナッツソースです。

IMG_5589IMG_5590IMG_5593

5. ココナッツが効いてて、グリンカレーと少し似ています。

IMG_5585IMG_5600

6.写真撮ってない。。。

7.デザート!食べる前からかなりお腹いっぱい。けど、とっても美味しかった。

IMG_5606IMG_5608

すべてが、テーブルに並べられ、皆で試食!どれも美味しい!余ったものは、お持ち帰りもできました。

IMG_5596IMG_5597IMG_5598IMG_5599

先生は、以前ホテルでシェフをされていたそうです。ホテルで、料理教室を開いていたそうですが、生徒さんから、「どこか自宅で教えているところはないですか?」と聞かれたのをきっかけに、自分の自宅で料理教室をする事にしたそうです。とても楽しい料理教室でした。ウブドに行かれたら是非試してみてください。

Posted on by Nao in Naoko's Blog

Add a Comment