Snorkeling at Balicasag island

71日目:

初めてのシュノーケリングをこの日しました!ホテルでシュノーケリングをお願いし、ホテルにバイクで迎えに来てもらい、アロナビーチからボートに乗りました。アロナビーチ近くにあるパン屋さんでクロワッサンを朝ごはんに買ってボートの上で食べました。

IMG_6708IMG_6710IMG_6711IMG_6712

約45分後、Balicasag islandに着きました。

IMG_6716

島に着くと、レストランのところへ連れて行かれ、「ここに荷物置いてね」と言われ、多少不安でしたが、お金を含む洋服すべてをテーブルの上に置いて行く事に。すぐにおばさんからメニューを渡され、シュノーケリングから戻ったら何か食事を食べたら?と言われ、何か注文しないといけない感じ。とりあえず一番安いオムレツを頼んで、いざ初シュノーケリング!!泳げない私は、もちろんライフジャケットを着用。ビーチから少し手漕ぎボートを出してくれて、少し離れたところへ。

海は透き通る綺麗さで、浅そうだったんですが、ビーチから50mぐらい離れたところはすでに深く、崖のようになっていて、大きな魚から小さな魚まで見る事ができ、初めてのシュノーケリングはとっても楽しかった!

シュノーケリング中、フィリピンに留学中の日本人の男の子に会いました。その男の子のガイドをしていた現地人に、コラルもらった。

Naoko and I on Balicasag_1280_for_WebIMG_6718

シュノーケリングを2時半ぐらい楽しみ、島に戻ると、オムレツが。

IMG_6719IMG_6724

食事を食べ終わった頃、船のおじさんが来て、値段を提示してきたのが、始めに聞いた額より高い!文句を言うと、内訳を出してきた。けど、その中には、フィンの値段、靴(botesって書いてあるけど、bootsの間違え)の値段、手漕ぎボートの値段が含まれていてビックリ。そんなの最初に言われていない。フィンと靴いる?って聞かれたから、借りたのに、料金に含まれていないなんて。手漕ぎボートについてはほんの数メートルしか行ってないから、お金かかるんだったら自分でビーチを歩いていけたのに!

IMG_6725

文句を言って、なんとか最初の値段の二人で1750ペソになった。しかし帰りのボートではおじさんはかなりの不機嫌

一緒に乗っていた若者のフィリピン人は、特に何も言わず、お金を受け取って、謝ってくれた。けど、おじさんは無言で船を出して帰っていった。感じ悪いな~と思ったけど、とりあえず無事にアロナビーチに戻れてよかった。お腹が空いたので、アロナビーチ沿いにあるレストランでメキシカンを。

IMG_6733IMG_6735IMG_6729

ホテルに戻った頃、異変に気付く。彼の背中は真っ赤!そして私もこんがり焼けて現地人になじむ色に。この日の彼は、背中が真っ赤になって、洋服を着る事すら痛い状態に!!長くシュノーケリングをするなら、シャツとか着た方がいいみたいです。

Posted on by Nao in Naoko's Blog

Add a Comment